キューテスト♡池田るりさんのインスタでほっこり♡

Articles

キュート、キューター、キューテスト♡あなたはキューテスト♡と崇めてしまう女性・・・池田るりさん。彼女のインスタを見ていると、そのキュートさにほっこりしてしまいます。思わず画面越しにそっとなでたくなる・・・そんな女性です。本当に池田さんにはキュート♡という言葉がピッタリ。その理由はなんでしょうか?一緒に理由を探ってみましょう!

彼女のプロフィール

1985年9月4日生まれの33歳。読者モデルをしながら、ブロガー、インスタグラマーとしても活躍しています。学生の頃には「CanCam」「JJ」「VIVI」の赤文字系雑誌を制覇し、今では「CLASSY」「美人百花」「andGIRL」の読者モデルをしています。きっと女性雑誌を読む方ならばどこかの雑誌で目にしたことがあるはずです。以前、池田さんは【Candlly】というブランドのサイトモデルをしており、彼女が可愛すぎて、筆者はよくCandllyを購入していました。しかし、これだけ多くの雑誌で読者モデルとして活躍出来るなんて凄いですよね。それだけ池田さんが影響力があり、紙面を飾ってもらいたいスタイルをしているということなのでしょうね!筆者が雑誌を作る側の人間だったら、きっと彼女に紙面に出て欲しい。だって・・・やっぱりキューテストだから・・・♡彼女のキュートなトコロ、紹介します!

小動物のような顔

はい、キュート以外の何者でもありません。とにかく顔が可愛いんです。目はくりんくりんで大きいけれど、鼻や口が小さいので全体的にキュッとしているように見え、正に小動物系の顔。リスちゃん・・・絶対的に愛されるお顔!!彼女はキューテストと呼ばれるためにこの世に誕生したのだ!そうとしか思えません。しかし可愛いなー・・・じーっと見ていると、いつの間にか勝手に画面をなでなでしている。そんな彼女のキュートさがたまりません。

ちらっと覗く八重歯

池田さんは口元が印象的だと筆者は感じています。思いっきり笑っても口が小さいのでそれだけの大きな表現が出来ないよ〜みたいな感覚です。それがとっても魅力的だと筆者は感じるのですが、その笑った時に時々ちらっと覗く八重歯がこれまた可愛いです・・・。八重歯といってもすごく奇麗な歯並びの八重歯なので近づかないと八重歯だと分かりにくいかもですが、犬歯が少しとんがっている・・・これも彼女が小動物系な理由の一つなのでしょうか。

あなたは正にお嬢様♡

きゅ!!!!キューテスト♡♡!!!もう何個でも♡押したい!!お嬢様・・・お嬢様すぎる可愛らしさ。目の前のケーキなんて前座にすぎない。髪型、お顔立ち、服装、醸し出すオーラ・・・全てが愛され女子。誰にでも愛されるケーキがかすんで見える女の子って・・・なんて恐ろしい子・・・!腕のブレスレットの華奢さが、また堪りませんね。

小顔・・・!

小顔でスタイルが良いですよね。ブランドのサイトのモデルに抜擢されるのも納得です。池田さんのお洋服は基本的に甘さのあるアイテムが多く、それがとってもお似合いです。数多くの赤文字系の雑誌に読者モデルとして出ているのもうなずけますね。甘いお洋服をここまで着こなす人っているのか・・・!と思う程です。この雑誌、最早赤文字系の雑誌の切り取りですよね、筆者、このページ見たことあるような気がします。いいなー。可愛すぎるなー。やっぱりキューテストだなー。池田さんがそこに居るだけで、フィルターが全体的にピンクがかって見える・・・不思議な魅力です。

華奢

スタイルも良いのですが、池田さんは・・・とにかく華奢!細いんですが、ただ細いというわけではないのでガリガリではない。華奢・・・なんですよねえ・・・。それがまた可愛らしく感じる一つの理由だと思います。肩幅、肩から腕のライン、ロングワンピースからちらっとのぞく細い足首。こんなふんわりした風でも一緒に飛んで行ってしまいそうです。ふわふわり・・・と一緒に飛びたい!出来ることなら遠くに2人で飛んで行ってしまいたい!そんな筆者に想像させる池田さんのこの写真の威力が凄すぎます。

THE ガーリー!

池田さんのお洋服はいつも女の子!ガーリーの王道まっしぐらです。お寿司のガリがお似合いな筆者は本当に池田さんの愛らしさがうらやましいです。このマリンワンピースも腰のゆるーいコルセット風のレースアップが正に女子の夢。このワンピに、まんまるころんとした可愛いカゴバック、ピンク色のスマホカバーに付いたピンクゴールドのリング、少しピンクがかった髪の毛のゆる巻き具合・・・おんなのこだーーー!ここまでガーリーで許される人って池田さんしかいないのではないのでしょうか?とっても素敵です!

こういった少しカジュアルなパンツファッションも多いのですが、どこかにガーリーさを持ち合わせたコーディネイトをしています。この写真のジャケットシャツのリボンもとってもキュートです。お店の前で待ち合わせをし、最初会った時には気がつかなかったけど、彼女が先にお店のドアを開けた時にチラっとジャケットのリボンを見つける「あ、リボン付いてるんだ可愛いね」と声をかけると「あ、気がついた?でしょ?」と微笑む彼女・・・。(注意:妄想です)うん、もう死んでも良いかな。キューテストすぎる!

ガーリーな彼女のヒミツ

キューテストに打撃をくらわされまくりまして瀕死状態の筆者です。キューテストに対抗すべく、彼女のヒミツを探って行こうと思います。筆者もやはり女子。キュートになりたい。キューテストは諦めた、池田さんには勝てない。でも、せめてプチキュートになりたい。彼女のキュートのヒミツ・・・盗ませていただきます!

ベースメークはドゥ・ラ・メール

彼女のベースメークは全てドゥ・ラ・メールのもの!

●ザ・ルミナス クッション ファンデーション
●ザ・コンシーラー
●ザ・シアー プレスト パウダー

を使用しているそうです・・・(メモ)。この綺麗な肌はドゥ・ラ・メールで作られていました!「全く崩れない優秀アイテム」とのことです。筆者のこの油ぎって化粧浮きまくりフェイスもドゥ・ラ・メール様の力を借りたら、少しは池田のるり嬢に近づけるのかしら。しかし美しい・・・。目が猫ちゃんみたいで吸い込まれそう・・・何のカラコンを使っているんだろう・・・?

カラコン!

ということで彼女の使っているカラコンを調べました。「先日鎌倉にお出かけした時につけていたコンタクトは、STARRY @starry_blj のもの。アース カジュアルオリーブってカラーなんだけど絶妙なカラーでほんのり抜け感が出てお気に入り〜。ワンデータイプだからその日の気分で選べるので、夏のお出かけにもぴったりだよ」と池田さん。やはりワンデータイプでカラコンの種類を変えて楽しんでいるおしゃれインスタグラマーが多いのですね!その日その日の気分やファッション、TPOに合わせてカラコンを楽しむことが出来るおしゃれな人は憧れます。しかも、これだけお顔がキュートならなんでもお似合いで楽しいだろうなー・・・。筆者カラコンに挑戦してみようかな・・・と心がウズウズし始めております。ピアスがキラキラしていてとても可愛いですね!Harracaかな?アラカのアクセサリーは存在感があって、写真映えしますね!アラカのキラキラに負けないくらい、池田さんのくりくりな目と池田さん自身がキラキラしていてトリプルまぶしい!!

顔のむくみ対策してます!

池田さんのお顔にむくみ・・・?本当にあるの?と疑問に思ってしまいますが、美しい人はやっぱり少しのむくみも見逃さないのですね・・・勉強になります。「毎朝顔のむくみが気になってあれこれ試していたのですが、即効性のあるアイテムを発見」と池田さん。「リナライズ @linerize_skincare っていう美容ジェル」を使用しているそうです。しかし、あれこれ試していた・・・という池田さんの美意識の高さにただただ圧倒されました。「むくんでるなー」と思いながらも何もしていない筆者だからどんどんたるんできてしまっているんだな・・・と反省しました。池田さんのインスタを見ていて、肌のハリやたるみの無さに驚いていたんです。池田さん33歳です。こんなたるんでない33歳いますか!?恐ろしいくらいお美しいです・・・。

お気に入りのマッサージ屋さん

池田さん、マッサージに通っているようです。こちらは代々木にあるSTC @stc.yoyogi というマッサージ屋さんらしいのですが、池田さんはくびれ矯正マッサージと足ツボ美脚マッサージを受けて「くびれが一気にできたし、帰りは履いてたデニムが全体的にゆるくなってました」と「久しぶりにヒットなマッサージ」とキャプションで紹介していました。池田さんの細い足が更に細くなったの・・・?とマッサージ後の細さを想像して恐ろしくなっておりますが、このマッサージ屋さん、とっても気になります!しかし「久しぶりにヒットなマッサージ」ということは、いろいろなマッサージ屋さんに通っているということですね・・・。この華奢で細い身体の池田さん・・・更に引き締め美しいラインになるべく、マッサージに通っているのですね・・・。もう凄い・・・の一言です。

渋谷ヒカリエが御用達

「コスメをチェックするときによく利用するのが渋谷ヒカリエのB1F」とキャプションが添えられたこの一枚。この白い空間に白でまとめた池田さんがとても可愛らしいです!渋谷ヒカリエは店内の内装がとてもオシャレですよね。コスメを定期的にチェックしにいっている池田さんだから、この美しさをキープできるんですね・・・。コスメをチェックしにいったのなんて何年前ですか?な筆者は冷や汗が止まりません・・・。ちなみに、この写真はdear mayuko  @dearmayuko がオープンしてチェックをしにいった時の写真のようです。コスメに疎い筆者は初めてこのブランドを知りましたが、コスメパッケージやデザインがとても可愛らしいです。天然の繭の成分「セリシン」から生まれたブランドだそうです。・・・とてもとても気になります。

パーソナルトレーニング

「全くない筋肉をつけるべく、ついに始めました」とhu-Revoでパーソナルトレーニングを始めたことを教えてくれた池田さん。確かに・・・筋肉全く無さそう・・・。(褒めてる)「部分的に引き締めて程よく筋肉がついてる感じが理想」とのこと。理想を持って、それに向かって努力している。これが池田さんの美しさのヒミツでしょうね。「美しい人に会うと、自分もがんばろうと思う」とあるポストのキャプションでおっしゃっていた池田さん。池田さんが美しいのでお友達も美しい人がたくさんいるのは確かです。でも、自分の美しさにかまけず努力をする彼女の姿勢を尊敬しています。

彼女の日常に欠かせないもの・・・

キューテストな彼女の日常に欠かせないものがあります・・・それは何か分かりますか・・・?オシャレ?美容?お友達?きっと、それらも彼女にとって欠かせないものに違いありません・・・が一番は違います。なんだと思いますか?それは・・・食べ物・・・です!池田さんのインスタは美味しそうで美しい食べ物で溢れています。ご自身でお料理もたくさんされているんです。最近も時々作られているようですが、昔、筆者は彼女のパン作りの投稿を見るのが大好きでした。すごく美しいパンを作るんですよ。パンを奇麗な形で作ることってすごく難しいと思うのですが、彼女のパンは彼女のようにとても美しく、なので投稿をいつも楽しみにしていました。そんな待ち望んでしまうくらい美しい彼女の食べ物のシェアをご紹介します。

彼女が朝食に作ったフレンチトースト。「朝ご飯は絶対食べないと無理なタイプなので、毎朝何食べるかが密かな楽しみ」とキャプションで池田さんは言っています。彼女の細い身体のヒミツは朝ごはんをしっかり食べることなのでしょうか・・・?それも気になってしまいますが・・・このフレンチトースト、ものすごく美しいですよね!焼き色もしっかりついているのに全然焦げておらず、フルーツの散りばめ方、クリームの垂れ具合、お皿、カトラリーの並べ方、大理石のテーブルとお皿のティファニーブルー・・・完璧にレシピ本の表紙じゃん・・・と筆者は呟いてしまいました。料理はセンス。。。間違いありませんね。

これはマーブルチーズケーキとのこと。やはり盛りつけ方や写真の撮り方がプロ級。お皿のセレクト、カトラリーのセレクト、ケーキの魅せ方・・・プロです、プロですね?食べ物の写真を撮るのってかなり難しいなと筆者は感じています。美味しそうに撮ることはさほど難しくない気がします。でも、写真全画面いっぱいに食べ物の写真をコーディネイトするのが難しい・・・。池田さんは、どうしてこんなに食べ物含め、物の撮り方が上手なのか・・・。その秘密、見つけちゃいました。

これは2015年の写真なのですが、このポストに「フードコーディネーターでもある近藤しづかちゃんとフォトグラファーの大手仁志さんに、お料理の盛り付けと美味しそうに見える写真の撮り方などをレクチャーして頂きました」とキャプションが添えられています。写真の撮り方を教わったことがあるようなのです。こういう経験と彼女のセンスが「THE素敵!」な食べ物の写真を造り出していたのですね。

キューピーの「サラダソルト」のアンバサダーをしている池田さん。お手軽ソルトを使って、「パクチー&レモングラスMIXをつかったエスニック風のサラダとレモン&オレンジミックスを使ったローストビーフサラダ」を作ったそうです。こんなオシャレなサラダ、筆者はレストランでしか正直見たことがないです。海老とローストビーフを同時に食卓に出せる料理技術が筆者自身は無いので、こんなメニューをおうちゴハンで出せる池田さんは、異次元の存在のように思えるくらいです。「サラダだけど食べ応えのある、タンパク質もしっかり摂れるバランスの良いメニューにしてみました」とキャプションが。おしゃれだけでなく栄養面も考えられて調理されているとな・・・池田さん・・・キュートでお料理も上手なんて・・・奥さんにしたい!!!!俺の嫁になってけろ!・・・筆者女だけど・・・。こんなキュートで料理上手な人をパートナーにできるこの世の中の誰かは幸福すぎますね。

これは個人的にずっと楽しみにしているパンの写真。バケットすごく美味しそうです。パンを作ると結構時間を取られます。一時発酵、二次発酵、それぞれにベストなタイミングがあって、発酵が足りなくても過発酵でも、膨らみや、焼き色、生地の重たさなどに影響します。パンを大切に大切にしないと美味しくできないんですよね。特にハード系のパンは難しく、形を作ったりクープの開きだったりが非常に困難。この写真のバケットとても美味しそうです!クープがこんなにパッカリきれいに開いているなんてお店を出せるくらいです。池田さんが大切にパンを作ったことが伝わってきますね!池田さんが食べ物が好きなことは彼女のインスタを見ていると伝わってきます。(あんなに細いのに・・・。神様、どうなってるの?)

「とうもろこしが夏っぽいから、せめてもの秋刀魚で秋っぽさ」とキャプションが添えられた、この一枚。テーブルコーディネイトが最高にキマってます。とうもろこしご飯も秋刀魚もヨダレ・・・。池田さんの食器類がとても可愛いものばかりで、しかもその食器使いがとても素敵で、筆者憧れています。この秋刀魚のお皿のスタイリング、とっても可愛い。秋刀魚がこんなに可愛くなるなんて!池田さんのセンスが光っています!(光り物だけに・・・という親父ギャグ・・・つたわれ・・・)

実は・・・

池田さん、フードコーディネイターと食生活アドバイザーの資格を持っています。ここまでの全てに納得ですね。食卓のコーディネイト、その料理のプロモーションが上手で、栄養バランスが考えられた食事の楽しさ・大切さをインスタを通じてフォロワーの方々に提供している。資格の全てを活かして食をプロモーションしているんですね。インフルエンサーとしても活躍している池田さんなので、特にフードコーディネイターの資格が活かされているのでしょうね。

池田さんは「大好きな食で何か仕事がしたい」とおっしゃっていました。その夢に向かって、資格を取得したり、実際にインスタなどのSNSの投稿でプロモーションなどの技術を高めたりと努力をしているんですね。「自分の好きなことを職にしたい」という思いを持ち、それに向かって着実に進んでいる姿勢がとても刺激的です。キューテストだけではない、池田さんの堅実に進んで行く姿に心が打たれました。

最高だった・・・

どこをどう見ても「池田るり最強説」が確信に近づくだけでした。最高にキューテストで最高にお料理が上手。自分の好きなことを仕事にするべく影の努力を惜しまない彼女の生き方がとても素敵です。努力を見せないというよりも、楽しんでやっていることが仕事に繋がっている、そんな風に感じます。そんな彼女の芯があるからこその柔らかさが詰まったインスタグラムは見ていてとても心地が良いです。これからもキューテスト池田さんにほっこりし続けることでしょう。

 

池田るりさんのインスタをチェック

 

池田るりさんにインスタを使ったお仕事を依頼してみませんか?ご依頼はU_teまで。
U_teに問い合わす

 

このサイトの編集長。インスタ映えからは無縁の生活をしている1歳の娘のおかあちゃん。某有名雑誌専属読者モデル、某有名芸能事務所所属、しがない小劇場俳優というなんとも表現し難い経歴を経て、一つの命を生み出すことに。一日の終わりにベッドに横になりながら可愛いものに嫉妬し不貞腐れながらも、その可愛さに悶えるのが趣味。親バカ警報が鳴り響く中、このサイトを運営している。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。